中古住宅を選ぶメリットとデメリット

中古住宅は価格が安くて新築にこだわらない時に選ぶと生活の拠点を確保しやすく、家族で安心して住みやすい場所を選ぶと便利です。マイホームは中古でもそれなりに価格が高く、設備の耐用年数を超えると摩耗してトラブルが起きやすくなります。価格は建設されて時間が経過すると安くなりますが、リフォームをまったくしていないと強い揺れが起きて倒壊するため注意が必要です。

中古住宅のメリットは価格が安く手軽に購入でき、家族で安心して生活をするための拠点を作れます。中古は価格が安くて少ない資金で購入できますが、設備が古いとトラブルが起きやすくリスクを覚悟の上で選ぶことが重要です。

逆にデメリットはやはり設備が古いと摩耗してトラブルが起きやすく、同じ場所で老後の生活をするまで暮らすために向いていないことです。マイホームはないと家族で暮らせないことやカーローンなどができないなど不便がありますが、ただ単に価格を安くすることでなく安全性を重視して決める必要があります。