家を建てる時にはできるだけ安い費用で家を建てたいと考えるのが普通です。
ですが実際に家を建てる時にはそう考えてはいけないです。

なぜなら家を建てる時に安い費用で建てようと思ってしまうと安っぽ家になってしまう
事が多いからです。ですから家を建てる時は特に木造住宅を建てる時には建設費用が上がってしまう
注文住宅にした方が良いです。

そうすれば少なくとも自分が住みたいと思える家には住めるので注文住宅を建てて損はないです。
逆に安易に安いという理由だけで建売住宅にしてしまうと木造住宅にしても思ったのとはどこか違っていると感じて後悔します。

なので家を建てる時は高い建設費用にになっても注文住宅の方が良いです。
最初は思ったよりも建設費用が高い事に不満を感じるかもしれないですが
木造の見た目から家の強度も含めて満足できると思います。

なので家を建てる時特に木造住宅の場合は注文住宅を建てた方が良いというのがあります。
それで後悔する事はかなり減らせます。